fc2ブログ

【最終通達】藤井一良から深田萌絵(本名:浅田麻衣子)への最後の警告

深田萌絵(本名:浅田麻衣子)への最後の警告です。

深田萌絵(本名:浅田麻衣子)の元旦那が、私が大学生のときに大変お世話になったインターン先の上司でしたので、深田氏がRevatron社の資金繰りが厳しいので1000万円を貸してくれと依頼してきたときは、私は深田氏に対しては警戒していませんでした。
私が深田萌絵(本名:浅田麻衣子)にお金を貸したのは、元旦那様に大変お世話になったというのが一番の理由です。

しかし、まさか、1000万円を貸してからもう7年間もこのようなさんざんな嫌がらせ行為をされているとは夢にも思いませんでした。恩を仇で返すというのはまさにこういうことを指しますね。
こんな仕打ちに合うのなら、1000万円を貸すどころか、10億円もらっても嫌ですよ。

深田萌絵(本名:浅田麻衣子)よ!!!
お前、もういい加減、ウソにウソを重ね塗りするのをやめて、少しは誠意のある対応をしたらどうですか!?
あなたは元旦那含めて、あなたの周りの今までお世話になった方々に対して失礼すぎることをしていますよ!

あなたは今までは数年間はジェイソンさんに洗脳されて悪いことをしてきたかもしれません。
ジェイソンさんに洗脳されて悪いことをした分については、私はあなたを咎めるつもりはありませんでした。

しかし、今年に入って、ジェイソンさんが去った今でもあなたは同じ過ちを繰り返しています。
あなたは自分の意思でやっているのでしょうか?
あなたは自分の意思でやっているのであれば、私はあなたに対する考え方は変わりますし、それなりの措置を取ります。

今一度、立ち止まって、自分の行いを見返して、誠意のある対応をお願いします。


このような最終警告に至った背景としては、下記記事をご確認いただければ幸いです。

【驚愕の事実!!】深田萌絵(本名:浅田麻衣子)が必要以上に藤井一良を誹謗中傷し、悪質なデマを流す本当の理由とは?
http://fujikazublog.blog.fc2.com/blog-entry-11.html
スポンサーサイト



コメント

No title

しかし、長尾さんも難儀な人生ですよね。
投資本の監修やトレードのセミナーをやっていた立場ということで
もっともお金の心配からほど遠い自分の元嫁と一番弟子的な存在がお金で争うなんて驚きでしょう。もっとも離婚後も女難は続いていたみたいですが。

No title

松岡さんのサイトで音声データを聞きましたが想像以上に醜い内容でした。
藤井さんの人の良さや経営者としての甘さ、深田の極悪非道ぶりが伝わってきました。
これだけの事件を7年も放置していたのが信じられません。情を絶対に見せてはだめです。また同じ過ちを繰り返しますから。
裁判で彼女に最大限の社会的な制裁を与えることが、あなたがお世話になった人たちへの恩返しだと思います。

浅田麻衣子を知る者としてコメントします

結婚していた頃の浅田麻衣子(深田萌絵)氏を知っている者です。

浅田氏は貧乏から這い出すために、一回り年の離れた元旦那さんに取り入り、見事妻の座を勝ち取りました。
その上元旦那さんの惜しみない協力の元、大学を卒業、就職まで漕ぎ着けました。

しかし、男を利用して生きていく癖が抜けきれなかったことと、元旦那さんとの贅沢な暮らしを味わってしまったことで、彼女は生活のレベルを落とすことが出来ず、離婚後も生活のレベルを保つために変な外国人とつるんで危ない金儲けの道に走ってしまいました。

そして、元旦那さんの愛弟子を欺罔し、1000万円を騙し取り、その上誹謗中傷を何年にも渡って繰り返すという悪行を続けてきました。
このような行為は当然許されることではありません。

その他にも被害に遭われた方がいらっしゃるとのことで、是非、被害者の会を立ち上げて、浅田氏のやってきたことを世間にしらしめてほしいと思います。

上の人とリアルでお会いしたことあるかもしれません

上の人が自分の思っていることをズバッと言ってくれた。全く同感です。幸せになれるチャンスはいくらでもあったのに彼女自身が放棄してしまったんですよね。もっとも彼女自身、経済的に安定していても籠の中の鳥は合わなかったんでしょうけど…。

藤井さんが元旦那さんにできる恩返しは、彼ができなかった「彼女を教育すること」かもしれません。
藤井さんにとって本当につらい決断かもしれませんが…。

No title

ギヤ様

もしかすると、どこかでお会いしているかもしれませんね。
私が長年思っていたことが他の方も同じように思っていたことに驚いております。「主観」が集まれば、「客観」になる。ですね。

彼女に会う度に感じた違和感が今、判明してきているように感じます。化けの皮が剥がれた、と言うのでしょうか。

私が彼女に会う度に感じた、彼女の異常なまでの「焦燥感」と「自己愛」と「承認欲求」が、このような形で爆発するとは思っておりませんでした。

元旦那さんは彼女の異様さに気づいていたのでしょう。その上で一生懸命守っていたのだと思います。善悪の区別がつかず、お金のためなら犯罪行為も平気でやってのける危うい彼女を真人間にしてあげたかったのかもしれません。
でも、それが彼女にとっては窮屈で「籠の鳥」のように感じていたのかと思います。

マイフェアレディーのように振る舞っておりましたが、私には彼女が成り上がりの高級娼婦にしか見えませんでした。

No title

>浅田氏は貧乏から這い出すために、一回り年の離れた元旦那さんに取り入り、見事妻の座を勝ち取りました。
籠の中の鳥でいれば、つまらない人生だったかもしれませんが恐れていた貧乏生活とは無縁な人生を歩めていたと思います。
しかし浅田という人格が幸せと思えても深田という人格にとっては不幸な生活だったかもしれません。

>しかし、男を利用して生きていく癖が抜けきれなかったことと
この言葉彼女の全てを表していると思います。

>私には彼女が成り上がりの高級娼婦にしか見えませんでした。
ご存知のように長尾氏は浅田氏と違い人脈を増やす人ではありませんでした。その数少ない親友ですら同じことをいっていましたよ。
見てくれはちょっと可愛くてもそれ以上に知恵足らず、本来使い物にならないのに長尾氏らの協力もあって下駄を履かせての評価を自分だけの力と過信してしまったのが彼女の不幸。

私も関係者その2

こんばんは。お邪魔します。

皆様のコメントを拝読しながら深く頷いている自分がおりました。

私も株アイドル時代から浅田氏のことをよく知る者です。
浅田氏には非常に迷惑をかけられました。

当時の浅田氏は自分に自信がなく、常に何かにおびえているような女性でした。
その反動なのか、強い女性に憧れ、キャリアウーマンに固執している様子が伺えました。
浅田氏は幼稚で非常に打たれ弱く、自分の置かれている現実を直視することが出来ずにいたように感じます。
そのため、いつも空想の世界に逃げ込み、なりたい自分を装うことで自分の精神バランスをどうにか保っているように見えました。

まともな社会人生活を送ってこなかったためか、いつも人間関係でトラブルを起こしておりました。
知恵が足らないのにもかかわらず、人を利用しようとするからこそ生じたトラブルだったように感じます。
そして、常に被害者ぶるところは昔も今も変わらないように感じます。

当時の浅田氏は、元旦那さん、そして藤井さんをはじめ、素晴らしい方々に囲まれていたと思います。
そして、その環境は元旦那さんが整えてくれたものでした。
しかし、浅田氏はその恵まれたポジションに置かれていることに対し、何ら感謝することもなく、
関係者に不義理を働き、元旦那さんの顔に泥を塗りたくって去っていきました。
そして、離婚した今もなお、このような愚行を重ねて元旦那さんを苦しめているのです。

おそらく、債権者である藤井さんは浅田氏が誠意を見せていれば、気長に待ってあげたことと思います。
それがファーウェイだの産業スパイだの、どんどん話を盛って、ウソにウソを塗り重ね、後戻りできなくなり、今に至るワケです。
化けの皮が剥がれた今、浅田氏が何を思っているかは知る由もございませんが、
きっと、浅田氏の頭では、今の自分の置かれている立場を客観視することは不可能でしょう。
しかし、ここで心を入れ替えて誠心誠意謝罪するか、このまま暴走して犯罪者になるのかの分岐点に立たされていることは、
元関係者としてこの場を借りて浅田氏に伝えたいと思います。

実は、藤井さんへの誹謗中傷が始まった頃から深田萌絵ブログを見て内容は把握しておりました。
静観しておりましたがもう我慢の限界でした。
書き殴りの、ひどい長文をどうかお許しください。

長尾氏と浅田麻衣子をよく知る別の関係者です

長尾氏と浅田麻衣子をよく知る別の関係者です。

前々から浅田麻衣子の本性を存じておりましたが、
浅田麻衣子は本当に本当に最低で下劣で極悪非道であることが改めてよくわかりました。

長尾氏と結婚していた時期に浅田麻衣子が不倫しているという話は別の箇所から聞いておりました。
浅田麻衣子はお世話になった方々への恩を仇で返す常習犯ですね。

昔から愛人気質が抜けないのは薄々感じてはいましたが、
40歳を過ぎても同じ愚行を繰り返していることには、
もう呆れて言葉も出ません。

浅田麻衣子は自分のしでかした罪と向き合って、
これからは法の裁きを受けて残りの人生を罪償いに充ててほしいと強く思います。

厳罰を心より望みます。
それ以外の言葉がもう思い浮かびません。

深田物語に興味を持った皆様

ここで書かれている情報はにわかには信じがたいかもしれません。私は全て知るわけではありませんが、書かれている単語や状況だけで判断しても、その筋の人でないと知らない内容が多く極めて確度の高い情報と思われます。事情を少し知っている者としても、「元旦那さんに取り入り」「男を利用して生きていく癖」「常に被害者ぶる」言葉以上の重みを感じその巧みな表現に思わず感嘆してしまいました。

さて音声データ内に中山氏の名前を聞き懐かしく思いました。記憶違いでなければかなり昔にアルファアイティの取締役だった方です。振り返ればそんな古くから私はこの事案に注目していたことになります。誹謗中傷がはじまった当初は藤井氏もまさかここまで大きくなるとは思わなかったでしょう。投資の世界ではスキャンダルが多くホラッチョ的な存在で蛇蝎のごとく嫌われていましたから。それが政治の世界では水を得た魚のように存在感を示し唖然としました。

私も強い厳罰を望みます。でないとこの女王アリは、政治の世界から別の世界に移り、新たな兵隊アリを従え別の犠牲者を生むことになるでしょう。そしてコロニーに居続けられなくなるまで再び暴れつづけるのです。今回の件が金銭的には解決されたとしても兵隊アリが残した残骸はネットに漂い続けます。根治的な解決がない限り今後も深田物語に新しい章が加えられ続けることになるだけです。

彼女を知るものです。
フェイスブックで再開し友達になっていますが、最近の内容ひどいですね。
Twitterに関しては凍結?してるかどうかで静かですが。

No title

コメントされている方々と同じく、元旦那と株アイドル時代の深田萌絵を知る者です。狭い世界ですので、上記のコメントを書かれた方々とはおそらく面識があるかと思います。私も以前藤井さんと仕事をさせていただいたことがございます。大変優秀であったこと、こちらの世界を選ばれなかったことを寂しくも思いつつ、藤井さんらしい、とも思っていた者です。(多分、今のセリフで私のことを分かってくださると思います。)

元旦那の名誉のためにも、深田萌絵がやってきたことをこの場を借りてお話しさせてください。
上記のコメントにもありましたが、深田萌絵は年の離れた元旦那に近づき(寝技に持ち込んだと表現した方が適切だと思います)、結婚に持ち込みました。元旦那は前妻との離婚から日も浅く、傷も癒えていないボロボロの状態でしたから、そこへ入り込むのは容易かったと思います。継母になる覚悟もない深田萌絵は結婚後、元旦那の実家にも多大なる迷惑をかけておりました。
誰もが彼らの結婚生活を長くは持たないだろう、と思っておりましたが、案の定、結婚生活はすぐに破綻しました。しかし、経済的自立が困難な深田萌絵の生活の面倒を元旦那は離婚後も見ておりました。おそらく、離婚後1年以上は同居していたかと思います。
離婚原因は大人の男女ですから色々あったとは思いますが、元旦那が深田萌絵に興信所をつけた結果、怪しい航空機チケットが2枚出てくるなど、不貞の証拠が沢山出てきました。つまり、そういうことです。深田萌絵に倫理観などないのは、上記の関係者の皆様の発言を見ればお分かりになることでしょう。

その後の深田萌絵の生活も一言で言えば「不思議」としか言いようがありませんでした。大学卒業後はバークレイズにはいたようですが、ついていけるはずもなくすぐに退職していたはずです。
それでも生活のレベルを落とさずに佃のタワマンに住み、FXの女友達と連日のどんちゃん騒ぎでしたから、誰もが深田萌絵の収入源について不思議で仕方なかったはずです。まさに「高級娼婦」そのものです。
某世界的に著名な投資家の日本の愛人であった時期が長いという話が耳に入ってくることもありましたが、そういったことをしていなければあの生活を維持することは不可能でしょう。そして、今もそのような生活を続けているのでしょう。それしか出来ない女なのです。

実は私も、藤井さんの件についてはずっと前から注視しておりました。(おそらくこの業界の人間ほとんどが注視しているかと思います)そしてずっと思っていたことがあります。
それは「なぜ、藤井さんから1000万円引き出したのか?」です。もしかしたら、深田萌絵にとって元旦那と藤井さんが似た者同士に見えたから藤井さんを狙ったのではないでしょうか?
元旦那を騙したように藤井さんなら騙せる、と踏んだからではないでしょうか?人間は成功体験を引きずる生き物です。おそらく、元旦那と同じように物静かで穏やかな藤井さんならゴリ押しすればお金を引き出せる、と思っての行動だったように感じます。きっとしつこくお金を貸してとせがまれたのでしょう。簡単に想像はつきます。

投資詐欺事件は泣き寝入りがほとんどです。きっと被害者は想像以上に沢山いることでしょう。泣き寝入りせず、告発される方が一人でも増えることを願っております。

そして一日もはやく、このような悪質な嫌がらせがなくなることを願ってやみません。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント